instagram
twitter
facebook
年内をもって無期休業に入る、鶴舞のバー・mi casa su casaにて、オオルタイチ+ウタモとGofishによるライブが開催。

2015.12.18.Fri | 2015.12.18.Fri|mi casa su casa(愛知|鶴舞)

image

 

鶴舞駅から徒歩5分。生声でも届く広さの空間でひっそり営業を続けてきたバー・mi casa su casaにて、オオルタイチ+ウタモ、Gofishの2組による弾き語りライブが、12月18日(金)に開催される。

オオルタイチと言えば、破天荒なメロディーと、語感の気持ちよさを追求した非言語の歌詞が乗る、ポップながらもトリッキーな楽曲が印象的な人も多いだろう。ところが、ウタモとのデュオでは一転、ポップなメロディーセンスはそのままに、日本語歌詞を聴かせる直球の歌ものユニットとしての一面を見せてくれる。来年、ユニット名を「ゆうき」と改め、待望のアルバムをリリースするとあって、ライブへの期待も自然と高まってくる。


オオルタイチ+ウタモ

 

共演には、名古屋を代表するハードコアバンド、NICEVIEWのVo./Gt.でもあるテライショウタによるソロユニット、Gofish。チェロとベースによるトリオ編成や、柴田聡子との共演など、演奏する度にその歌声をより深く味わいのあるものへと進化させてきた。名レーベル「SweatDreams」からのニューアルバムのリリースアナウンスもあり、こちらのライブにも期待がかかる。

並行する活動で、全く違う楽曲を聴かせてくれる二組。静かな音の間から、ぶ厚い存在感を放つ独特の雰囲気を感じられるはずだ。


Gofish

 

なお、本会場のmi casa su casaが、年内で無期休業に入るという悲しいお知らせも…。これまで、DJイベントを中心にさまざまな店内企画を行い、音楽好きが集う店として親しまれてきた同店。少人数ならではの贅沢な空間で行われるライブ、ぜひ味わってほしい。

 

 

 

イベント情報

2015年12月18日 (金)
美歌咲 透歌咲 – オオルタイチ+ウタモ in なごや
場所:mi casa su casa(愛知県名古屋市中区千代田3-8-10 万長ビルB1)
時間:開場19:30/開演20:00
出演:オオルタイチ+ウタモ
Guest:Gofish
DJ:uRozi_sasasa (KBAA/catch wave)
料金:前売 2,500円/当日 3,000円(いずれも+1drink order)
予約:http://okimirecords.com/micasasucasa/phone/index.html
問合せ:mi casa su casa TEL:050-1047-2594、 http://www.okimirecords.com/micasasucasa

オオルタイチ+ウタモ
バンド・ウリチパン郡を経て、それぞれソロ活動も活発なオオルタイチとウタモによるエクスペリメンタルアコースティックデュオ。ライブではオリジナルからカバー曲までさまざまな歌ものを披露する。2011年秋キセルとの東北ツアーを機にihati EP(CD-R)を制作。その他キセルとの共作「ともしび」などを発表。来年2016年よりユニット名を”ゆうき”と改め活動を予定。アルバムリリースを控える。www.okimirecords.com


Gofish

Gofish=テライショウタの歌とギター。1999年から宅録を始めライブ活動もスタート。stiff slackより1st「Songs for a leap year」、compare notesより2nd「あたまのうえ」、Sweet Dreams Pressより3rd「とてもいいこと」をアルバムリリース。Sweet Dreams Pressより7’EP「レコード/いと」「ねむりを待つあいだ/山ごもり」をリリース。オムニバスもao to aoのカシオトーンコンピなど数枚参加。コントラバスの稲田誠、チェロの黒田誠二郎とのGofishトリオとしても活動中、柴田聡子と共演した10インチレコード「Gofishトリオと柴田聡子」をリリース。トリオでの演奏を中心とした4枚目のアルバムが12月に発売予定。ライブもソロ、トリオ共に精力的に活動中。尚ハードコアパンクバンドNICE VIEWのギター/ボーカルとしても活動していて、ギターでの即興演奏、DJなどでも活動の幅を広げている。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー