instagram
twitter
facebook
可愛らしさとユニークさを併せ持つ作風のフランス人作家、カミーユ・ドゥ・クサックの個展が、円頓寺商店街のgalerie P+ENにて開催。

2021.06.12.Sat - 06.28.Mon | galerie P+EN(愛知|名古屋)

 

 

 

フランスのイラストレーター・Camille De Cussac(カミーユ・ドゥ・クサック)が、日本で4年ぶりとなる個展を、円頓寺商店街のギャラリー・galerie P+ENにて6月12日(土)〜6月18日(月)まで開催する。

本展「On The Road Again」では、旅をテーマに、新作ドローイング124点に加えフィギュアなどを展示販売する。カミーユ独自の色彩感覚とユニークなモチーフで溢れた世界に、彼女の体験や記憶、イメージの中で呼び起される別世界の登場人物が描かれる。121点あるポストカードサイズの作品は、どんな解釈もできる自由なショートストーリーのようだ。

今現在、世界に旅に出られない私たちの気持ちを少し軽く、もっと自由にしてくれるであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作家・Camille De Cussacよりメッセージ
私は旅に出ることが大好きです。たとえ今は旅することが不可能だとしても、道の先にはたくさんの魅力的な出会いがあり、無限の可能性が広がっていると想像するのです。私の自由な発想をこのポストカードサイズに落とし込んでいくことはとても心地良く、私自身も最高に自由な気持ちになりました。キーワードは「自由」「道」「乗り物」「新しい世界への冒険」。
小さな面白い場面をイメージしながら、100枚以上のジョーク・ドローイングを描いていくことはとても刺激的なことでした。私が今回、日本の展覧会に行けないのは本当に残念ですが、私がいなくても私の作品が日本の皆さんのもとへと旅をしているのは、とても面白いことだと思います。そう、すべてが可能なのです。

 

 

イベント情報

2021年6月12日(土)〜6月28日(月)
On The Road Again
会場:galerie P+EN(愛知県名古屋市西区那古野1-20-37)
時間:12:00〜19:00(不定休)
出展:Camille De Cussac(カミーユ・ドゥ・クサック)

Camille De Cussac(カミーユ・ドゥ・クサック)
フランスで活躍中の若手イラストレーター。様々な現代的メタファーを用いつつも対象を見る視線はとてもあたたかい。デザインやファッションブランド、音楽レーベルとのコラボレーションをはじめ、数多くの絵本の発売、「ザ・ニューヨーク・タイムズ」「ダダ」へのイラストレーション提供まで幅広いプロジェクトに参加している。

posted by K.NAKASHIMA_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー