instagram
twitter
facebook
素朴でやわらかな色合いの木版、木彫、陶作品を手掛ける岐阜在住の作家・菅祐子による「家族」をテーマとした個展が、那古野・galerie P+ENにて開催。

2021.05.15.Sat - 06.06.Sun | galerie P+EN(愛知|那古野)

 

木版画や木彫、陶作品を手掛ける、岐阜を拠点に活動するアーティスト・菅祐子の個展「Familia」が、円頓寺商店街に店舗を構えるgalerie P+ENにて、5月15日(土)〜6月6日(日)の期間で開催される。

菅祐子は、現在多治見を拠点に活動している作家。メキシコのフォークアートから影響を受け、素朴でやわらかな色合いの木版画や木彫、陶作品を手掛ける人気のアーティストだ。

(以下、作家ステイトメント)

新しい人を待ち侘びる家族がテーマです。
ちょうど今回の展示に向けての製作を始める頃に妊娠がわかりました。
まだ目に見えない新しい人はどんな顔でどんな姿形をしてるのか、この世界はどう映るのか、そんなことを考えながら製作した陶作品と木彫刻が並びます。

 

イベント情報

2021年5月15日(土)~6月6日(日)
Yuko Kan Exhibition “Familia”
会場:galerie P+EN(名古屋市西区那古野1-20-37)
営業時間:12:00~19:00
休館日:5月21日(金)、27日(木)、6月2日(水)
問:052-485-7166

菅祐子 Yuko Kan
1981年生まれ。多摩美術大学院美術研究科版画専攻終了。
木版画や木彫刻による立体作品など様々な素材を用いて独自の世界を表現する。
2019年から陶磁器の製作も開始、現在多治見市在住。

posted by A.SUGIURA_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー