instagram
twitter
facebook
『ガリーボーイ』: スラム街出身の青年がフリースタイルラップの大会で優勝を目指す。NASプロデュースによる話題のインド映画がいよいよ公開!

2019.10.18.Fri - | ミッドランドスクエア シネマ(愛知|名古屋駅)

 

インドのスラム街で生まれ育った青年が、ラップに出会い人生を切り拓いていく様を描いた映画、『ガリーボーイ』が10月18日から、名古屋ミッドランドスクエア シネマにて上映される。

インドで活躍するヒップホップ・アーティスト、ネィズィーとディヴァインの半生を基に描かれた本作は、海外で公開されるやいなや世界中で大ヒットを飛ばし、2019年公開のインド映画世界興収第2位を記録、またウィル・スミスが自身のインスタで大絶賛するなど大きな話題を集めている。

 

 

魂の叫びをラップにのせて、スラムから抜け出したガリーボーイ(路地裏の少年)の心震わす実話。

インドのムンバイにあるスラム出身のムラド(ランヴィール・シン)は、雇われ運転手の父を持つ貧しい家の青年。両親はムラドが今の暮らしから抜け出し成功できるよう、彼を大学に通わせる為に一生懸命に働いていた。しかしムラドは、親の想いを知る由も無く、地元の悪友とつるみ、親に内緒で身分の違う裕福な家庭の恋人と交際していた。俺の人生はこの先も変わらない…そう思っていたムラドだが、ある日大学構内でフリースタイルラップのパフォーマンスをしていた学生MC Sher(シッダーント・チャトゥルヴェーディー)と出会い、ラップの世界にのめり込んでいく―親からの反対、友情、恋、様々な経験をし、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す。

 

 

メガホンを取るのは、ボリウッド映画界の実力派女性監督として知られるゾーヤー・アクタル。また、プロデューサーはUSヒップホップ史に燦然と輝く数々の名曲で知られるラッパー、NAS。そして、主人公ムラドを演じるのは、ボリウッドの今を代表するランヴィール・シン。地元ムンバイとアメリカのヒップホップの両方に慣れ親しんでいた彼は、ムラドを演じるにあたりスラム出身のラッパーたちと頻繁に時間を過ごし、彼らとの友情を築いたという。

現在のインドが抱える貧富の格差や、カースト社会における職業差別などに対し、悲しみと怒りに満ちた切実な言葉でラップするシーンは、観ているこちらも胸が熱くなる。劇中では、その他にもジェンダー差別やドラッグなど、様々な社会問題を背景にスラムの生活ぶりを生々しく描いているが、その過酷な暮らしの中で懸命に夢を追いかけ、生き抜こうとする登場人物たちの姿にも、監督がこの映画にこめた、不条理な差別や抑圧のない世界にしなければ、というメッセージを感じとることができる。

 

 

『ガリーボーイ』は、これまでの歌って踊る「マサラムービー」とは一線を画す。恋愛、友情、成功譚というインド映画王道の要素を盛り込みこそすれ、若者の‟今”を痛いほどに忠実に描ききった本作は、インド映画ファンにはもちろん、今までインド映画を敬遠してきた人にこそ観てほしいし、インドにおけるヒップホップのムーブメントがどういうものなのかを知るためにも、音楽ファンやヒップホップ・ファンにも届いてほしい作品だ。

 

イベント情報

2019年10月18日(金)~
『ガリーボーイ』
公式HP:http://gullyboy.jp/
監督:ゾーヤ―・アクタル(『慕情のアンソロジー』)
出演:ランヴィ―ル・シン、アーリアー・バット、シッダーンド・チャトゥルヴェーディー
2019年/インド/154分
配給:ツイン

上映劇場:ミッドランドスクエア シネマ 052-527-8808
http://www.midland-sq-cinema.jp/

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー