instagram
twitter
facebook
東京オリンピック2020大会のエンブレムを手掛けた美術家・野老朝雄と、建築デザイン事務所・noizのコラボ展が常滑・INAXライブミュージアムにて開催。

2021.04.24.Sat - 10.12.Tue | INAXライブミュージアム(愛知|常滑)

 

4月24日(土)〜10月12日(火)まで、野老朝雄noizによる企画展「DISCONNECT/CONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】幾何学紋様の律動、タイリングの宇宙」が、土とやきものの文化施設・INAXライブミュージアムにて開催される。

東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレムや、大名古屋ビルヂングの下層部の窓ガラスパターンデザインなどを手掛けた野老朝雄と、コンピュータプログラムを活用し、「コンピュテーショナル・デザイン」の分野で建築界をリードする建築デザイン事務所・noizがタッグを組み、リアルとデジタルの調和を活かした展覧会を行う。野老紋様独特のパターンやルールを活かしたタイルが多彩に展開された空間に、プログラミングにより生成した映像や音も織り込まれた迫力ある展示方法となる。

424日(土)にはオンライン・オープニングトークも開催される。野老朝雄と、noiz豊田啓介が登壇し、完成までを振り返りながら、それぞれの役割や魅力、本展のねらいなどを話す。

 

 

イベント情報

2021年4月24日(土)~10月12日(火)
DISCONNECT/CONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】 
幾何学紋様の律動、タイリングの宇宙  Rhythms of Geometric Patterning: A Cosmos of Tiling

会場:INAXライブミュージアム「土・どろんこ館」企画展示室(愛知県常滑市奥栄町1-130)
休館日:水曜日(祝日の場合は開館)
観覧料:共通入館料にて観覧可 (一般:700円、高・大学生:500円、小・中学生:250円)
TEL:0569‐34‐8282 FAX:0569‐34‐8283
主催:INAXライブミュージアム
監修:野老朝雄、noiz
紋様制作・野老朝雄 / 展示デザイン・noiz / ヴィジュアルプログラミング・白木 良 / 音楽・原摩利彦 / グラフィック・小木央理 / タイル制作・LIXILものづくり工房 / 協力・ニチレイマグネット株式会社

オンライン・オープニングトーク 
登壇者:野老朝雄(美術家) / 豊田啓介(建築家、noiz)
2021年4月24日(土)17:00〜18:30

*感染症拡大防止のため会期、関連イベントの内容等を変更する場合があります。ホームページから最新情報をご確認ください。

野老朝雄
1969年、東京都生まれ。幼少時より建築を学び、大学卒業後、建築家/美術家の江頭慎に師事。 2001年9月11日より「つなげる」をテーマに紋様の制作を始め、美術・建築・デザインなど、 分野の境界を跨ぐ活動を続ける。単純な幾何学原理に基づいて定規やコンパスで再現可能な紋 と紋様の制作をするほか、同様の原理を応用した立体物の設計/制作も行なっている。主な作 品に、東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレムに採用された〈組市松紋〉、大手町パークビルディングのための屋外彫刻作品「TOWER OF CONNECT」、「PPP TOKOLO PATTERN MAGNET」などがある。

noiz
2007年に豊田啓介と蔡佳萱のパートナーシップとして設立。2016年より酒井康介を加えた3名パートナー体制で、東京、台北、ワルシャワ(ヨーロッパ)からコンピューテーショナルな手法を駆使し、建築を軸にインスタレーションから都市まで幅広いジャンルで国際的に活動する建築・デザイン事務所。最新のデジタル技術を駆使した各種デザインや製作、システムの実装から教育、各種リサーチ&コンサルティング活動も積極的に展開している。 https://noizarchitects.com/

posted by K.NAKASHIMA_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー