Youtube
instagram
twitter
facebook
雑誌『PURPLE』をはじめ国内外で高い評価を得る写真家・髙橋恭司による個展が名古屋で開催。パンデミック直前のパリを写し出した新作を展示。

2022.02.11.Fri - 02.24.Thu | C7C gallery (愛知|千種)

 

1990年代以降、海外雑誌『PURPLE』はじめとしたカルチャーシーンに時代の本質を鋭く捉えた美しい質感のある写真を発表し、写真家たちに多大な影響を与えている写真家・高橋恭司。彼の完全新作による写真集の刊行に伴い、写真展「Midnight Call」が2月11日(金)〜24日(木)、千種・C7C galleryにて開催している。

常に時代や風潮の喧騒の外側へと見るものを誘うオルタナティヴな引力とともに、私たちの前に立ち現われてきた高橋恭司。新作『Midnight Call』は、200頁超のボリューミーな写真集、彼の長いキャリアの中でも初の試みだ。2019年の晩秋に、彼が初めて訪れたパリを中心に撮影された写真群が飾られる。

 

 

舞台となったフランスは、近代写真の始まりの街、世界を欲情させ続けてきたイメージの都。万博や近代オリンピックといった「近代国家的スペクタクル」の象徴と言える。茫漠たる荒野からその土地へと視線を移した写真家がフィルムに収めたのは、「スペクタクルなき細部」の数々だった。それは近現代史の傷を癒す暇もないほど短かった千年紀末を経てさらなる断絶が拡がった世界の断片であり、それを決定的に寸断したCOVID-19のパンデミック直前の、今となっては二度と戻れない時空間でもある。

 
<以下、出版元のリリーステキストより>
 
 

 

「絵や写真はなぜあるの? 詩人が発するのは何の言葉なの? 誰の目や、声なの?」

パンデミック直前、 この世で最も暗いパリの夜。 写真家の体は「虚」となって 忘れられた声を暴風のように孕み、 それを私たちの前に静かに現出させる。

———

写真家・高橋恭司の完全新作による写真集を刊行いたします。

1990年代以降、数々のポートレートや風景写真を発表してきた高橋の作品は、常に時代や風潮の喧騒の外側へと見るものを誘うオルタナティヴな引力とともに、私たちの前に立ち現われてきました。

本作は、その高橋が2019年の晩秋、初めて訪れたパリを中心にフランスで撮影した写真群を収録したものです。

近代写真の始まりの街、世界を欲情させ続けてきたイメージの都、万博や近代オリンピックといった「近代国家的スペクタクル」の舞台。

すなわち、今日においても我々が互いをまなざしあう近代の視線や構造が形をとったその街。

茫漠たる荒野からそんなパリへと視線を移した写真家がフィルムに収めたのは、「スペクタクルなき細部」の数々でした。

それは近現代史の傷を癒す暇もないほど短かった千年紀末を経てさらなる断絶が拡がった世界の断片であり、それを決定的に寸断したCOVID-19のパンデミック直前の、今となっては二度と戻れない時空間でもあります。

ハッセルブラッド1000Fがギロチンのようなシャッターで切り落としたその中に、私たちの世界が捨象し忘却してきたものたちの声が真夜中の長距離通話のように響く一冊。

新作のみで200頁超のボリュームという、高橋の長いキャリアの中でも初の試みとなる写真集です。

———

216頁 オールカラー 232mm×165mm

コデックス装+カバー 天辺総袋とじ

※本作は天辺が袋とじになっておりますが、こちらは製本ミスではなく、本作のコンセプトに合わせた仕様です。ミシン目を入れていますので、ペーパーナイフ等で切る、切らずに覗き込むなど、ご随意にお楽しみください。

定価¥7,500(税別)
日英テキスト収録
写真・テキスト:高橋恭司
編集・解説:安東嵩史(TISSUE PAPERS)
アートディレクション:米山菜津子
印刷:サンエムカラー
ISBN 978-4-909287-08-3

 

イベント情報

2022年2月11日(金)〜2月24日(木)
高橋恭司写真展「Midnight Call」
会場:C7C gallery(名古屋市千種区千種2-13-21 2F)
時間:13:00 – 20:00
※2月15日、17日、22日は休廊日。
料金:入場料無料
HP:http://c7c.jp/oblivion/
Instagram:@c7cgalleryandshop

posted by S.KATO_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

9

COLUMN
Feb 19. 2020 up

WHAT ABOUT YOU? #35 / 西淑

COLUMN
最新の連載コラム記事