instagram
twitter
facebook
『ライトハウス』: 絶海の孤島でふたりの灯台守が見たものはー?恐ろしくも美しい。A24が放つ傑作スリラー!

2021.07.09.Fri - | 伏見ミリオン座

 

『ミッドサマー』『mid90s』など次々と話題作を放つ映画スタジオ、A24が制作を手がけ、『ウィッチ』で知られるロバート・エガースがメガホンをとった、映画史に残る傑作スリラー『ライトハウス』が7月9日から伏見ミリオン座にて上映される。

1890年代、ニューイングランドの孤島に2人の灯台守がやって来る。 彼らにはこれから4週間に渡って、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。 だが、年かさのベテラン、トーマス・ウェイクと未経験の若者イーフレイム・ウィンズローは、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。 険悪な雰囲気の中、やってきた嵐のせいで2人は島に孤立状態になってしまう。

物語は、1801年にイギリス・ウェールズで実際に起きた事件をベースに、神話や古典文学などのエッセンスが幾重にも織り込まれ、唯一無二の謎めいた世界に観る者を誘っていく。 少しずつ狂気の世界に足を踏み入れていく2人の灯台守を演じるのは、言わずと知れた世界の名優ウィレム・デフォーと、最新シリーズの『ザ・バットマン』主演に決定し、昨年公開されたクリストファー・ノーラン監督『TENET テネット』で、その人気が不動のものとなったロバート・パティンソン。 ほぼ全編に渡って主演の2人しか登場せず、“ 絶海の孤島”という極度の緊張感が強いられる空間の中で、彼らが繰り広げる壮絶な演技合戦はまさに圧巻の一言! その白熱の演技は各国の映画祭で大絶賛を浴び、多くの演技賞を獲得した。

イベント情報

2021年7月9日(金)〜
『ライトハウス』 
公式HP:https://transformer.co.jp/m/thelighthouse/
監督:ロバート・エガース『ウィッチ』
出演:ウィレム・デフォー、ロバート・パティンソン
2019年 109分
配給:トランスフォーマー
(C)2019 A24 Films LLC. All Rights Reserved.

上映劇場:伏見ミリオン座 名古屋市中区錦二丁目15-5 (地下鉄[伏見]駅1番出口から徒歩1分)
https://eiga.starcat.co.jp/
問:052-212-2437

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー