instagram
twitter
facebook
奇才・ALTZによるバンド、ALTZ.Pがフルアルバムリリースパーティーを豊橋で開催。共演にBLACK GANION、GOFISHら。堀江まや、CMCほか出店も多数。

2019.06.15.Sat | enbeach(愛知|豊橋)

 

大阪在住のクリエーター兼DJのALTZがプロデュースするバンド・ALTZ.P。彼らのフルアルバム『La toue』のリリースパーティーが6月15日(土)に豊橋enbeachで開催される。企画主催は当日DJとしても出演するDREAMY

「マカオ」や「味園」で行われるパーティー・FLOWER OF LIFEを軸にハウス、ディスコ、ダブさまざまな音を紡ぎ、各地で夜を沸かせてきたALTZがプロデュースする大所帯バンド・ALTZ.P。

重低音が奏でるエキゾチックな中毒性と、シャーマニックな天国性を併せ持ったこのバンドのメンバーは、低周波イーブンキッカー・Pulseman、元NEWEST MODELのドラムス・Mau、中東ディスコビートを叩き出すベースのシェイク吉村。そして、ソウルフルな唱和を響かせる巫女コーラスガールズ・マリリンズから構成される。ゲストプレイヤーにはDAMAGE21CHがシンセサイザーてとして参加。アートワークは2YANGが担当。

タイトルトラックは2つのバージョンを収録。オリジナルはアナログシーケンスを落とし込んだロボットファンクから始まり、中毒性のあるコズミックグルーヴからやがてマリリンズのラップが出現。breaks versionではサイケロックの匂いを感じる展開やオリエンタルなNW感覚をもち、アレンジの効いた仕上がりに。さらに、収録曲『Step step step』は、ALTZが2008年に〈Luna Flicks〉からリリースしたMungolian Jetsetとの共作『Epics and Donuts』を新たにした一曲となっている。

当日共演にはBLACK GANIONGOFISH、YANOMIXtak、kuroといったローカルで活躍するバンド、DJらも多数出演するほか、CURRY MEETING CREW、堀江まや、HOLY LOTUSほか飲食店や作家たちの特別出店ブースも設けられる。

 

イベント情報

2019年6月15日(土)
ALTZ.P “La toue” RELEASE PARTY
開場:enbeach(愛知県豊橋市神野新田町字ケノ割30-1)
時間:OPEN 15:00 CLOSE 2:00
料金:ADV.2500YEN/DOOR.3500YEN
Facebook;https://www.facebook.com/events/554122625110802/
出演:
– LIVE –
ALTZ.P
BLACK GANION
GOFISH
– DJ –
YANOMIX
SHIGETA(wideloop)
tak(pangaea)
GEEE
RYUMA(ILLCOM+)
NORI(Interspacies)
Kuro(enjoy&rerax)
BACK山(DREAMY&TAIHEI)

– PA –
3232EXP

– DECO –
ACCENT JAPAN

– MARKET –
Curry Meeting Crew(カレー)
燻製工房 源 gen(燻製)
HOLY LOTUS(raw chocolate)
TORCH(ベジごはんとおやつ)
Brownie Homemade(帽子)
silkload by mt.chills(持ち込みシルクプリント)
eka(Tシャツ)
福中屋(シルクスクリーンプリント&小物屋)
paradice INK(シルクスクリーンプリント)
堀江まや(陶器)
バッチグー○(バッチ作り)
interspacies records(レーベルグッズ)
ugamuN(タイ古式マッサージ&楽健法)
Jijico(マッサージ)
and
AFTER PARTY!!!

チケット取扱店:
kalakuta&oorun(名古屋市中区栄5-6-4 能楽堂ビルB1)
PIGEON RECORDS(名古屋市中区栄3-35-22ゴードン栄ビル2F)
大大大(名古屋市千種区今池1-6-13 今池スタービル1F)
社交酒場イム(名古屋市中区栄3-25-28)
enbeach(豊橋市神野新田町ケノ割30−1)
overdub(浜松市中区伝馬町312-22 金井屋第2ビル2F)
CAFE NEU!(岐阜県多治見市昭和町19−1)
slowroom(岐阜県岐阜市長住町2丁目10−4, ビルディング・ドュ・ヴァン1F)

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー