instagram
twitter
facebook
自らを”画鬼”と称した反骨の絵師、河鍋暁斎の世界を堪能できる展覧会。

2016.08.20.Sat - 10.02.Sun | 碧南市藤井達吉現代美術館(愛知|碧南)

kawanabe1

強烈な個性で筆を操った河鍋暁斎の展覧会「鬼才-河鍋暁斎展 幕末と明治を生きた絵師」が8月20日より碧南市藤井達吉現代美術館にて開催される。

河鍋暁斎(1831-1889)は、幕末から明治へと変わっていく激動の時代に、江戸の地で絵師として活躍した。 幼い頃から絵心を発揮していた暁斎は、わずか7歳で浮世絵師の歌川国芳の画塾に入門、10歳で狩野派の絵師に学び、流派を超えたあらゆる表現を会得していき、江戸末期、「狂斎」の名で戯画や風俗画を生き生きと描き、絶大な支持を集めた。

本展は、前後期で展示作品のほとんどを入れ替え、約120点の作品や下図、錦絵、所持品を展示。国芳譲りのユーモアと風刺、そして狩野派で培った卓越した技術で、時代に翻弄されることなく反骨の精神で自由に生きた河鍋暁斎の世界を紹介する。

また期間中には、記念講演会、ワークショップ、美術館寄席も行われる。
(各イベントの詳細はこちら。http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/event/kawanabekyousai.html

kawanabe2 《龍虎図屏風》(後期展示)板橋区立美術館蔵

イベント情報

【前期】2016年8月20日(土)-9月11日(日)
【後期】2016年9月13日(火)-10月2日(日) ※大幅な展示替えあり
「鬼才-河鍋暁斎展 幕末と明治を生きた絵師」
会場:碧南市藤井達吉現代美術館 愛知県碧南市音羽町1-1
開館時間:10:00~18:00 ※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日、9月20日(ただし、9月19日(月・祝)は開館)
観覧料:一般 900円 高大生 600円 小中学生 400円
※特別割引サービス有:本展に限り2回目以降の方は特別割引料金で観覧可。(一般500円 高大生300円 小中学生200円)
問:0566-48-6602
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー