instagram
twitter
facebook
バンド「かえる目」のメンバーでもある人間行動学者・細馬宏通による、介護における身体についてのレクチャーイベントが開催。

2016.09.19.Mon | シマウマ書房(愛知|本山)

kaigo1

大学で身体動作の研究をし、数々の著書を出版。バンド「かえる目」ではボーカルと作詞・作曲を担当する目利きの人間行動学者・細馬宏通によるレクチャー「言葉を棚上げにして〜『介護するからだ』〜」が、9月19日(月祝)にシマウマ書房にて開催される。

細馬が2006年から認知症高齢者グループホームに通うになってから見たこと、考えられたことがまとめられた新刊『介護するからだ』(医学書院)では、自分は普段どのように身体を動かしているのだろうという問いが掲げられている。今回のレクチャーでは、介護現場のビデオを見たり、参加者同士で身体を動かしてみたりと、自分の身体の使い方をあらためて発見するために様々な試みが為される。

(以下、主催者:ignition gallery 熊谷充紘)
“介護の場面で起こるさまざまなタイミングのずれは実は介護の中で閉じている問題ではありません。わたしたちの日常のやりとりもまた、さまざまなタイミングのずれとその修正によって成り立っています”と細馬さんは仰っています。今回のレクチャーでは、わたしたちにも潜んでいるはずの“かしこい身体”について教えてもらいながら、わたしたちが当たり前に感じている日常行為のタイミングについて考え、身体がどんな時間と空間を使って動いているかを点検し直せたらと思っています。

イベント情報

2016年9月19日(月祝)
細馬宏通レクチャー「言葉を棚上げにして〜『介護するからだ』〜」
会場:シマウマ書房(名古屋市千種区四谷通1-22 ディオネ四ツ谷B1F)
時間:開場:19時 開演19時30分 終演21時
料金:予約1500円/当日1800円/カイツブリの塔メンバー:500円オフ
お問い合わせ&予約メール:ignition.gallery@gmail.com
http://towerofgrebe.tumblr.com/post/148388317789/

%e7%b4%b0%e9%a6%ac%e5%ae%8f%e9%80%9a
細馬宏通
1960年、兵庫県生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程修了(理学博士/動物学)。現在、滋賀県立大学人間文化学部教授(コミュニケーション論)。著書に『浅草十二階――塔の眺めと“近代”のまなざし』(青土社)、『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか――アニメーションの表現史』(新潮社)、『今日の「あまちゃん」から』(河出書房新社)、『うたのしくみ』(ぴあ)、
など。バンド「かえる目(もく)」では、ボーカルと作詞・作曲を担当。

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー