instagram
twitter
facebook
名古屋の港まちをアートと音楽で彩る祭典「アッセンブリッジ・ナゴヤ2020」参加アーティスト&プログラム第一弾を発表。折元立身、ミヤギフトシ、井手健介、Gofish、イ・ラン、角銅真実ら参加。今年はウェブ公開プログラムも。

2020.10.24.Sat - 12.13.Sun | 名古屋港~築地口エリア一帯(愛知|築地口)

音楽やアートが架け橋となり、まちと人との出会いやつながり、そして新たな文化が育まれていくことを目指し例年名古屋港〜築地口エリア一帯を使って開催されてきた、アッセンブリッジ・ナゴヤ。5回目となる今回も国内外で活躍する多彩なアーティストが集結し、アート部門、サウンドブリッジ部門、ミュージック部門の3つのプログラムで名古屋の港まちを鮮やかに彩る。

その第一弾アーティスト、プログラムが発表された。

「アート」部門は、上田良L PACK.折元立身丸山のどか三田村光土里ミヤギフトシらが出展。これまでのテーマを引継ぎ、現代美術展『パノラマ庭園 -亜生態系へ-』と題されている。名古屋港エリアを変容し続けるひとつの大きな庭に見立て各アーティストが作品を展開され、まちや人々の暮らしにアートが介入していくことを試みるプロジェクトとなる。

「ミュージック」部門は、愛知県出身の作曲家・野村誠をはじめに鈴木 潤北口大輔黒河内彩Le Bois Quartet引田香織小松 大大橋志麻マーメイド・ストリングカルテット益川京子永井聖子パシフィック カルテットmica+hachiらが参加。リサイタルや朗読、人形劇、実際に体験できるワークショップなどの様々な手法で音楽と人とを繋いでいく。

そして音楽・アート・港まちをブリッジする分野横断型プログラム「サウンドブリッジ」部門は、井手健介イ・ラン大城真角銅真実、名古屋を中心に活躍するGofishが登場。港まちを起点に、“体験”にフォーカスしたプログラムが行われる。港まちの様々なロケーションを舞台に、これまでにも「アッセンブリッジ」に参加してきたアーティストたちが再会・共演を果たすライブ映像プロジェクトを予定。そして最終週にはライブやマーケットが開催され、音楽やアート、港まちの文化が集結するブロックパーティーも行われる。

名古屋の港まちにアートや音楽が溶け込んでいくその様子を体感してみてほしい。チケットの購入方法や各プログラムの詳細については公式HPにて。

イベント情報

2020年10月24日(土)〜12月13日(日)※会期中の木曜、金曜、土曜、日曜、祝日開催
アッセンブリッジ・ナゴヤ2020
会場:名古屋港〜築地口エリア一帯
料金:ブリッジパス700円

音楽プログラム
出演:野村 誠、鈴木 潤、北口大輔、黒河内彩、 Le Bois Quartet、引田香織 、小松 大、大橋志麻、マーメイド・ストリングカルテット、益川京子、永井聖子、パシフィック カルテット、mica+hachi

アートプログラム
 現代美術展『パノラマ庭園 -亜生態系へ-』
出展:上田 良、L PACK. 、折元立身、丸山のどか、三田村光土里、ミヤギフトシ

サウンドブリッジ

出演:井手健介、イ・ラン、大城 真、角銅真実、Gofish

主催:アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会
構成団体:名古屋市、港まちづくり協議会、名古屋港管理組合、公益財団法人名古屋フィルハーモニー交響楽団、公益財団法人名古屋市文化振興事業団
助成:2020年度 文化庁文化芸術創造拠点形成事業、公益財団法人 福武財団、公益財団法人朝日新聞文化財団
問い合わせ:contact@assembridge.nagoya (アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会事務局)
詳細:http://assembridge.nagoya/

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー