instagram
twitter
facebook
名古屋の港まち×マレーシア・ペナンのアーティストら7組による共同制作展をそれぞれのまちのアート施設にて開催。

2021.02.16.Tue - 03.19.Fri | 港まちポットラックビル、スーパーギャラリー(愛知|港区)

2月16日(火)〜3月19日(金)の期間、『港まち×ペナン同時開催展』が、港まちポットラックビル3F展示スペースにて開催中だ。

同企画は、新型コロナウイルスの影響により、港まちでこれまで行われてきた国内外のアーティストらの滞在制作が困難となった現状を踏まえ、共に「貿易のまち」である名古屋の港まちとマレーシア・ペナンの2都市間を繋ぐ「名古屋文化発信局」を発足。

参加アーティストは、木下雄二、D.D.(今村 哲+染谷亜里可)、宮田明日鹿、山下拓也テトリアーナ・アフメッド・ファウジ、フォレスト・ウォン、フー・ファンチョンが参加。計7組のアーティストたちが、「名古屋」をテーマにオンラインで共同制作を行い、完成した作品が今回の「港まち×ペナン同時開催展」として、名古屋・港まちポットラックビルとマレーシア・ペナンのアートセンターにて展示される。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Minatomachi Art Table, Nagoya(@mat_nagoya)がシェアした投稿

 

 

イベント情報

2021年2月16日(火)〜3月19日(金)
「名古屋×ペナン同時開催展:名古屋文化発信局」
会場:港まちポットラックビル(名古屋市港区名港1ー19ー23)
時間:11:00〜19:00(日・月・祝日休み)
料金:無料
企画:MAT, nagoya、フー・ファンチョン
共催:SEASUN、港まちづくり協議会
協力:国際交流基金クアラルンプール日本文化センター、アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会

posted by A.SUGIURA_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー