instagram
twitter
facebook
『狂い咲きサンダーロード』 : 石井聰亙(現・岳⿓)監督の伝説的問題作が、オリジナルネガ・リマスターで完全復活!

2017.04.01.Sat | センチュリーシネマ(愛知|矢場町)

石井聰亙(現・岳⿓)監督が、23歳にして⼤学の卒業制作として作り出した伝説の爆走映画『狂い咲きサンダーロード』のリマスター版が、4月1日からセンチュリーシネマにて上映される。

暴走族“魔墓呂死”の特攻隊長 仁は、市民に愛される暴走族を目指す同輩や自分たちを取り込もうとする政治結社に反抗を試みた末、遂には右手を切断されてしまう。しかし、どん底に堕ちてなお抗うことをやめない彼は、バトルスーツに身を包み、幻の街サンダーロードで最後の決戦に挑むのだった …

制作から36年以上が経った今もなお、世代を超えた熱狂的なファンに愛され続けている本作。オリジナル16mm撮影ネガは紛失したとされていたが、2015年、そのオリジナルネガをとある倉庫で奇跡的に発見。石井監督と笠松カメラマンは、これを国内最高峰の設備にて一コマ単位で修復することを決意。クラウドファンディングで募った資金をもとに、最高画質で念願のデジタル上映素材(DCP)が作り上げられた。日本インディーズ映画界燦に然と輝く不朽の名作をぜひ劇場で。

またセンチュリーシネマでは、上映にあわせてユニークなサービスも実施。ライダースジャケット着用のチケット割引や公開記念ドリンク『魔墓露死(マボロシ)の仁トニック』の販売、上映初日の来場者にはオリジナルポストカードのプレゼントも。

イベント情報

『狂い咲きサンダーロード』
公式HP:https://www.facebook.com/CTR.project/
監督:石井聰亙(現・岳龍)
脚本:石井聰亙
音楽:泉谷しげる、パンタ&ハル、THE MODS
出演:山田辰夫、小島正資、中島陽典、南条弘二、小林稔侍
配給:トランス・フォーマー
1980年(2016年リマスター) / 日本 /  98分
画像:©ISHII SOGO ALL RIGHTS RESERVED

上映劇場:センチュリーシネマ 名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ東館8F
http://www.eigaya.com/
※その他の上映劇場は公式HPでご確認ください。

★「友情ライダース割引」実施!★
チケットご購入時ライダースジャケット着用で、3名様以上でご鑑賞の方、
当日一般料金1,800円のところを、1,400円へ割引!

★「狂い咲きサンダーロード」公開記念ドリンク『魔墓露死(マボロシ)の仁トニック』販売します!★
【料金】 500円(税込) ノンアルコール:400円(税込)
お車、バイクでお越しのお客様はノン・アルコールをどうぞ!

★初日来場者プレゼント(ポストカード)★
センチュリーシネマでの公開を記念して初日来場者プレゼントの配布(オリジナルポストカード)が決定!

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー