instagram
twitter
facebook
『LIVERARY』 Zero issue —創刊によせて

名古屋を中心に東海地方のカルチャー・トピックを紹介、 提案するWEBマガジン

『LIVERARY』とは何なのか?

「知る」ことで「いつもの」毎日が、
もっと「おもしろく」なる、
そのきっかけをつくる「場所」。

それが、『LIVERARY』です。

あなたが暮らすこの町・街でも、たくさんの新しい「おもしろい」ことが起きています。
当たり前のことなんですが、「知らなかった」ら、新たな「おもしろい」には気づけません。
それってもったいない、と思ってしまいます。

もちろん、
「いつもの」場所で、
「いつもの!」って注文して、
「いつもの」友達たちとワイワイやるのって
本当に楽しい時間だと思います。わかります。

でも、ときには、新しい場所や新しいモノ・コト、そして、ヒトについて、
目を向け耳を傾け、手足を伸ばしてみたいときありませんか?

そんなとき、『LIVERARY』は、役に立つと思います。
こっそり覗いてみて下さい。
そして、何かおもしろいモノ・コト・ヒトが見つかったら、
ぜひ、あなたの隣にいるお友達にもオススメしてあげて下さい。

そして、この『LIVERARY』という「場所」を、もっともっと有意義にしていくために
あなたの知っている魅力的なモノ・コト・ヒトを教えてください。
あなた自身が、記事を書いてくれてもOKです。
(ご連絡はこちらのメールアドレスへ → info[at]liverary-mag.com )

最後に、「おもしろい」っていう価値観は、人それぞれに違うので、その線引き(=編集)はとても難しいです。だから、僕たちは、時々、編集をしないようにしようと思います。

どうか「いつもの」偏見を取っ払って、「おもしろい」発見を、「LIVERARY」で。

LIVERARY 編集部一同

武部敬俊 (THISIS(NOT)MAGAZINE)
黒田義隆 (ON READING)
石垣嘉洋 (Sundwich Inc.)
蛯名亮太 (Sundwich Inc.)

明日からまた、次号「1st issue」に向けて、前に進みます。 それでは〜。

2013年10月31日

「LIVERARY」というネーミングについて

Library(=図書館)のように、たくさんの情報や知識があふれ、様々な人々が集うことができる場所。
さらには、編集部からの能動的な発信に対して、受動させるだけのニュース配信サイトに留まらず、ユーザーからの情報提供、もしくは、何かを発信する場として活用できる、作り手と受け手が、相互的に作用し、日々、呼吸し、変化していく「LIVE感のある(生きている)ウェブマガジン」を目指し、「LIVERARY」と名付けました。

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー