instagram
twitter
facebook
ブルックリン在住の宅録アーティスト、Jerry Paper!待望の来日ツアー最終日は、浜松へ

2015.01.18.Sun | ZOOT HORN ROLLO(浜松)

tumblr_inline_ngj1hvDgIJ1ri2xvk

ナードの佇まい、異様なムード、ポップな電子音、そして、意外なほどに美声。それらが一体となって、ややいびつだけど独特なポップミュージックを紡ぎ出す、ブルックリン在住Lucasによるソロユニット・Jerry Paper

これまでに3枚のLPをそれぞれ違うレーベルからリリース。最近では、大阪のレーベルbirdFriends大阪在住、goatやbonanzasなどのバンドとしても活動する日野浩志郎が主宰するカセットテープレーベル)からリリースしたことでも、国内のコアな音楽ファンの中では話題となった、Jerry Paper。

待望の再来日となった今回は、彼とともにMac DeMarco バンドの元ギタリストとして知られるモントリオールの Peter Sagar によるHomeshake、Jerry Paper にもリンクする賛美歌的ポップが印象強い、Eolaというトリオでのツアーとなっている。浜松公演は、1月18日(日)ZOOT HORN ROLLOにて開催。

共演には、イベントの主催者でもあるyamanohiroyuki、そしてオシロスコッティが登場。

<以下、出演者紹介>

Jerry Paper

Lucas Nathan is the human behind the Jerry Paper project. Jerry Paper is a sonic caricature of Lucas, a kind of cartoonish personality of raw emotion and transcendent mysticism. Born from his worship of YMO, Stereolab, noise, post-punk, and 60s and 70s easy listening, Jerry Paper is a unique brand of psychedelic crooner pop.

Jerry Paperというプロジェクトの正体はLucas Nathanという人間です。Jerry PaperはLucasのカリカチュアであり、生々しい感情と超絶的神秘性のカートゥーンのような性格を持っています。YMO、Stereolab、ノイズ、ポストパンク、60年代70年代イージーリスニングなどの憧れから生まれ、Jerry Paperはサイケ・クルーナー・ポップのユニークなブランドです。https://jerrypaper.bandcamp.com/music


Homeshake 
http://homeshake.bandcamp.com/

Eola http://eola.bandcamp.com/

yamano hiroyuki

yamanohiroyukiは山野裕之によるソロプロジェクト。出身は兵庫県の田舎1987年生まれ。18歳~24歳はじめまでは四国徳島で生活。現在浜松在住。ギターフレーズをループさせて演奏するのが特徴。

オシロスコッティ

2000 年ころより自作電子楽器を使った演奏活動を開始。ぬいぐるみや空き缶等に回路を無理やり押し込んだ強引さが最大の特徴。電子工作だけに飽き足らず、フォーミュラカー製作にも携わりレースに参加。鈍行列車好き。ケチャップ好き。


 

 

イベント情報

2015年1月18日(日)

yamanohroyuki presents
jerry paper , homeshake, eola, japan tour in hamamatsu

会場:浜松 ZOOT HORN ROLLO

open 15:30/start 16:00

ticket ADV 2,000yen  /DOOR 2,500yen ( + 1 drink order 500 yen)

出演:
JERRY PAPER(from New York)
HOMESHAKE (from Montreal)
EOLA(from New York)
オシロスコッティ
yamanohiroyuki

問:yamanohiroyuki.mail@gmail.com

Text&Edit by Takatoshi Takebe [ THISIS(NOT)MAGAZINE, LIVERARY]

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー