instagram
twitter
facebook
『ギフト 僕がきみに残せるもの』:難病を宣告されたアメフトの元スター選手が、生まれくる息子のために宛てた感動ドキュメンタリー!

2017.08.19.Sat - | センチュリーシネマ(愛知|矢場町)

難病ALS患者となった元アメリカン・フットボール選手のドキュメンタリー映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』が、8月19日よりセンチュリーシネマにて公開される。

アメリカン・フットボールの最高峰NFL。ニューオーリンズ・セインツのスティーヴ・グリーソンは特別なヒーローだった。ハリケーン“カトリーナ”の災害後初の市民が待ちに待ったホームゲームで、チームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えていたグリーソンは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)であると宣告をされる。そして同じ頃、妻ミシェルの妊娠がわかった。初めて授かった子供。だが自分は、生きている間に、我が子に会うことができるのだろうか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのだろうか。いわゆる「難病ドキュメンタリー」に留まらず、誰もが共感できる父と子の物語、そして家族の物語。そのパーソナルな映像は前向きに病気に立ち向かう姿だけではなく、刻々と変化する病状に対する不安もあれば、看護に疲れた妻とのケンカもあり、生きることに絶望する日もある。しかし、きれいごとではなくありのままを見せ、ユーモアを忘れずに日々を乗り越えていく彼らの姿は何よりも大きな感動を観客にもたらす。

プレミア上映となったサンダンス映画祭には、グリーソンと家族も登壇し、嵐のような賞賛を浴びた。以来、全米で30近い賞を受賞&ノミネート。病と闘うグリーソンを支援するミュージシャン、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)が楽曲を提供するだけでなく出演もしているのも見どころである。

 

 

イベント情報

2017年8月19日(土)~
『ギフト 僕がきみに残せるもの』
公式HP:http://transformer.co.jp/m/gift/
監督:クレイ・トゥイール
出演:スティーヴ・グリーソン(元NFL ニューオーリンズ・セインツ)、ミシェル・ヴァリスコ、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、スコット・フジタ 他
音楽:ダン・ローマー
配給:トランスフォーマー
宣伝:ムヴィオラ
コピーライト:ⓒ2016 Dear Rivers, LLC
2016年/アメリカ/111分/原題:GLEASON

上映劇場:センチュリーシネマ 名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ東館8F
http://www.eigaya.com/

posted by M.TSUBOUCHI

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

NEW
Jul 26. 2017 up

WHAT ABOUT YOU? #24 / 横山雄
REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー