instagram
twitter
facebook
イワタトシ子率いる「used clothes A」をゲストに迎え「古着とものさし展」がUNEVENで開催。

2016.10.01.Sat - 10.10.Mon | UNEVEN GENERAL STORE (愛知|栄)

 %e5%8f%a4%e7%9d%80%e3%81%a8%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%95%e3%81%97%e5%b1%95_w1000-1

 

感度の高い提案が光る名古屋・栄のセレクトショップ「UNEVEN GENERAL STORE」にて、「古着とものさし展 / Used Clothing and Values」が10月1日(土)より開催される。

現代のファッションシーンの中で、どうしても避けて通れない古着との関係性をテーマに開催されてきた本イベント。今回はイワタトシ子率いる「used clothes A」をゲストに迎え、Yohji Yamamoto、COMME des GARÇONSの過去のアーカイブや関連資料を中心にUNEVEN 2Fのフリースペースにて展開される。

 

1

 

また、イベントに合わせてスウェーデン出身のアーティストMats Gustafsonのポスターも数点販売。ファッションイラストレーターとしてVOGUE、The New Yorkerなどの雑誌や、エルメス、ティファニー、ヨウジヤマモト、コムデギャルソンなどのブランドヴィジュアルを手がけるなど、世界的に活躍する彼の2014年に開催された展覧会のポスターとして製作されたものだ。こちら枚数に限りがあるため、気になる方はお早めに。

 

   y1   c3
(左)Mats Gustafson/Yohji Yamamoto 1998 (右)Mats Gustafson/Comme des Garçons 2012

 

<以下、主催者「 UNEVEN GENERAL STORE」安井 源氏からイベントについてのコメント>

本イベントは、その時代のパッションやファッション哲学、価値観や美意識を再考し、新品、古着、ブランド、ヴィンテージやレギュラーといったカテゴリーを排除して、自由で自分らしいスタイルやストーリーを作り上げる強い意志こそが本当の個性だと定義する実験的な試み。過去を知り、今と向き合うこと。それは「ファッションにおける価値観の拡張工事」と言えるでしょう。

私たちは日々の生活の中で様々な情報に触れています。ファッションにおいても多くの提案がなされ、膨大な情報の中で自分にフィットした情報を拾い集めることで、自己の価値観(ものさし)が形成されます。この「ものさし」の重要性を理解するということは、自分の価値観やセンスを信じ、自己の選択に満足するというプロセスだと考えます。

即興的なモノとの対峙を奇跡的と捉え、研ぎすまされた感性によって、そのモノに十分な価値を見出すというトレーニングの必要性は、今後も重要なポイントになるのではないでしょうか?

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

イベント情報

2016年10月1日〜10月10日
 古着とものさし展 / Used Clothing and Values

会場:赤座ビル2階奥 フリースペース
愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階
時間:12:00〜20:00
問:052-262-2525
HP http://www.uneven.jp
Mail info@uneven.jp

ゲスト:
イワタトシ子
used clothes Aを経営。又、shop22運営。NPO法人I have a dream代表。 感じることをテーマに音・言葉・映像をフィルターにした表現活動を展開している。
http://www.a-22.biz/about/index.html
http://shop-22.net/

 

posted by R.EBINA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

NEW
Jul 26. 2017 up

WHAT ABOUT YOU? #24 / 横山雄
REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー