instagram
twitter
facebook
バンクーバーの天才SSW・Nicholas Krgovich、DIRTY PROJECTORSの元メンバーによるユニット・deradoorianのカップリングツアーが開催!

2015.04.03.Fri | K.D Japon(鶴舞)


nk_ad_omote

 

 

2012年にマウント・イアリ&テニスコーツと共に日本ツアーを行い、そのライブパフォーマンスで話題を呼んだバンクーバーの天才シンガーソングライター・Nicholas Krgovich、 元DIRTY PROJECTORSのメンバーで『rise above』、『BITTE ORCA』という作品に参加し、コーラス、ベース、キーボードとマルチなプレイヤーとしての才女っぷりと、そのエキゾチック且つキュートなルックスで確かな存在感を放っていたエンジェル・デラドゥーリアンが自身のユニット・deradoorianとして来日する。

 

 

NK_AD_2

 

 

今回の来日に合わせ、ニコラスはアナログLPと配信のみでリリースされた2枚の弾き語りのアルバムを日本盤としてCD化した『Who Cares? + On Cahuengaを2月4日にリリース。2013年にリリースされた彼の1st アルバム『Nicholas Krgovich』と同様に、The Blue Nile、Prefab Sproutを彷彿とさせるロマンティシズムとメロウネスに溢れた作品となっている。

 

そして、今回のツアーはカップリングツアーということで互いの演奏をサポートし合うとのこと!DIRTY PROJECTORS等で披露していたエンジェルの完璧なコーラスとのコラボレーションも堪能できるであろうスペシャルなパフォーマンスが期待できる。

 

また、名古屋公演のサポートアクトとして地元名古屋で精力的に活動しているバンド・tiger MosのGt./Vo. イケダユウスケの出演も決定!

 

国内外インディーシーンの今を体感できるこの公演、是非足を運んでいただきたい。

 

 

Nicholas Krgovichの新作『Who Cares? + On Cahuenga』

epcd076

Nicholas Krgovich

 

deradoorian

 

 

イベント情報

4月3 日(金)

7e.p. presents
Nicholas Krgovich (No Kids, Gigi, P:ano)
Deradoorian (Dirty Projectors, Avey Tare’s Slasher Flicks)
Japan Tour 2015

会場:K.D Japon
開場 7:00pm / 開演 7:30pm
前売:3500円+ 1drink / 当日: 4000円+ 1drink
※学生割引あり 2500円 + 1drink (学生証などの提示が必要)
出演:
Nicholas Krgovich (No Kids, Gigi, P:ano)
Deradoorian
Special Guest : イケダユウスケ(tigerMos)

チケット予約/問合せ:
KD Japon  MAIL : kdjapon@gmail.com / TEL: 052-251-0324
7e.p.

Nicholas Krgovich/ニコラス・ケルゴヴィッチ
1982年、ヴァンクーバー生まれ。若干20歳にて、チェンバー・ポップ・グループP:ano(ピアノ)の一員としてデビュー。以降、コンテンポラリーR&Bを取り込んだNo Kids、ガール・ポップへのオマージュを展開したGigi(ジジ)など多くのユニットで発表した全ての作品が、エレガント、ロマンティック&タイムレスな高いスタンダードを満たしてきた。デストロイヤー『Kaputt』を手掛けたジョン・コリンズ(ニュー・ポルノグラファーズ)をプロデュースに迎えた初のソロ・アルバム『ニコラス・ケルゴヴィッチ』を2013年日本先行でリリース(海外では『On Sunset』と改題し2014年10月リリース)。古き良きハリウッドをテーマに描き出した一大絵巻は、デヴィッド・バーン、ダーティー・プロジェクターズ、ナイト・ジュエル、片寄明人(GREAT3)ら多くの賞賛を受けた。最新作は2枚の弾き語りアルバムをコンパイルした日本限定CD『フー・ケアズ?+オン・カフエンガ』。2012年11月の盟友マウント・イアリ、テニスコーツとのツアーに続いて2回目の来日となる。

 

Deradoorian/デラドゥーリアン
1986年、北カルフォルニア生まれのシンガー&マルチプレイヤー、エンジェル・デラドゥーリアンによるユニット。ダーティー・プロジェクターズの大傑作『ライズ・アバヴ』『ビッテ・オルカ』(カバージャケットへの登場も印象的)時のメンバーであり、現在はエイヴィ・テアー(アニマル・コレクティヴ)のエイヴィ・テアーズ・スラッシャー・フリックスの一員として活動中。ビョーク、ザ・ルーツ、フライング・ロータス、デヴィッド・バーン、U2、ヴァンパイア・ウィークエンドら匆々たる面子とのコラボレーション経験を持つ。入り組んだ密集和声とバルカン半島や中東の音階を駆使し、現代的なエクスペリメンタル・ポップと前近代的なポリフォニーと融合させたデラドゥーリアン・サウンドは、異質ながらどこか懐かしい印象を与える。昨2014年秋にはRed Bull Music Academyの為来日。恵比寿リキッドルームで行われた「EMAF TOKYO 2014」ではループ・ペダル、生楽器と魔法のように重なり合うヴォーカルによるパフォーマンスを披露した。

posted by LIVERARY STAFF

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー