instagram
twitter
facebook
ストリートアートと日本画が融合したような作風で世界中にファンを持つ、日本を代表するグラフィティライター、ESOWの個展が開催!

2019.06.15.Sat - 06.23.Sun | PEDESTRIAN(愛知|矢場町)

 

東京・浅草を拠点に活躍中のグラフィティライター、ESOWによる個展が、6月15日から、PEDESTRIANにて開催される。

本展は、名古屋におけるストリートファッション、カルチャーの発信基地として営業してきた同店の、20周年を記念して企画されたもの。展示作品に加え、ESOW×RELAX ORIGINAL×PEDESTRIANのコラボグッズも販売される。

下町の日本的感性と、スケートボードやグラフィティーといった欧米のストリートカルチャーがミックスされた独自の世界観を堪能できる展示となる。

イベント情報

2019年6月15日(土)~6月23日(日)
ESOW EXHIBITION
会場:PEDESTRIAN 名古屋市中区栄5丁目19番25号 ハイツ栄201
時間:12:00〜20:00 ※6月19日(水)は13:00〜17:00
問:052-264-0168
http://www.pedestrian.jp/

ESOW
1972 年、東京生まれ。13 歳でスケートボードに乗り出し、17 歳で渡米。グラフィティに出会い、自らのルーツでもある江戸の粋に影響を受けた独自のスタイルを生み出す。浅草を拠点に国内はもとよりアメリカ、ヨーロッパ、アジアなどでも作品を発表し長年注目を集め続けている。表現の媒体は紙、壁、材木、立体など、幅広く柔軟。また、様々なブランドや企業への作品提供等その活躍は多岐にわたる。日本のスケートカルチャーにおけるパイオニア集団「T19」の創立時からのメンバーでもある。日本のグラフィティ史にその功績を刻んだ中目黒銀座商店街「大図実験」の一員でもあり、昨年末まで浅草地下街にあるアトリエ兼ショップ・ギャラリーであるフウライ堂を営んでいた。
https://www.instagram.com/esowom/

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー