instagram
twitter
facebook
独特な画法で不思議な世界観を描くアーティスト、岡野智史による個展がKAKUOZAN LARDERにて開催。最新作も多数展示。

2021.07.17.Sat - 08.02.Mon | KAKUOZAN LARDER(愛知|覚王山)

 

アーティスト・岡野智史による名古屋での個展が、KAKUOZAN LARDERにて7月17日(土)~8月2日(月)に渡り開催中だ。

エアブラシや鉛筆を使用し独自に開発した技法が特徴的。やや不穏で、且つノスタルジック。海外アニメのようにも日本アニメのようにも見える不思議なワンシーンを、まるでブラウン管テレビの画面で見ているかのような世界観に落とし込んだミステリアスな作品群が揃う。

岡野智史の個展が名古屋で開催されるのは今回が初となる。奇妙でユーモラスな風景を、ぜひ間近で体感してみてほしい。

 

 

 

イベント情報

2021年7月17日(土)~8月2日(月)
“SATOSHI OKANO” EXHIBITION “TV”
会場:KAKUOZAN LARDER(名古屋市千種区覚王山通り 9-18)
時間:LUNCH 11:45-15:00(LO14:30)/DINNER 18:00-22:00 (LO21:00)
問い合わせ:052-762-2786
https://www.instagram.com/kakuozan_larder

岡野智史
1979年埼玉県生まれ。2013年武蔵野美術大学卒業。油彩、水彩、アクリル、鉛筆などを使って作品を制作。近年は、エアブラシを使った特殊な技法で焦点をぼかした作品を制作している。モニターの様な、見えてはいるが近付けない存在を具体的に再現させる手段としてこの技法を選択している。これまでに、Loophole(府中)、mograg gallery (御徒町)、gFAL(武蔵野美術大学)、CLEAR GALLERY TOKYO(六本木)などで個展やグループ展に参加。

posted by C.UTAHARA_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー