Youtube
instagram
twitter
facebook
『スープとイデオロギー』: 国家の残酷さと運命に抗う家族の物語。韓国現代史最大のタブーとされる「済州4・3事件」を体験した母を主役に撮りあげたドキュメンタリー。

2022.07.01.Fri - | 伏見ミリオン座(愛知|伏見)

 

『ディア・ピョンヤン』『かぞくのくに』など、朝鮮半島と日本の悲劇的な歴史のうねりを生きる在日コリアン家族の肖像を親密なタッチで写し続けてきたヤン ヨンヒ監督による最新作『スープとイデオロギー』が、7月1日から伏見ミリオン座にて上映される。

年老いた母が、娘のヨンヒにはじめて打ち明けた壮絶な体験——。1948年、当時18歳の母は韓国現代史最大のタブーといわれる「済州4・3事件」の渦中にいた。朝鮮総連の熱心な活動家だった両親は、「帰国事業」で3人の兄たちを北朝鮮へ送った。父が他界したあとも、“地上の楽園”にいるはずの息子たちに借金をしてまで仕送りを続ける母を、ヨンヒは心の中で責めてきた。心の奥底にしまっていた記憶を語った母は、アルツハイマー病を患う。ヨンヒは消えゆく記憶を掬いとろうと、母を済州島に連れていくことを決意する。それは、本当の母を知る旅のはじまりだった。

なぜ父と母は、 頑なに“北”を信じ続けてきたのか? ついに明かされる母の秘密。あたらしい家族の存在…。これまで多くの映画ファンを魅了してきた、あの〈家族の物語〉が、まったくあらたな様相をおびて 浮かび上がる。ひとりの女性の生き様をとおして、国家の残酷さと同時に、運命に抗う愛の力を唯一無二の筆致で描きだす。

 

イベント情報

2022年7月1日(金)~
『スープとイデオロギー』
公式HP:https://soupandideology.jp/
監督・脚本・ナレーション:ヤン ヨンヒ
撮影監督:加藤孝信
製作:PLACE TO BE
共同制作: navi on air
配給:東風
韓国・日本/2021/日本語・韓国語/カラー DCP 118分
© PLACE TO BE, Yang Yonghi

上映劇場:伏見ミリオン座 名古屋市中区錦二丁目15-5
地下鉄「伏見」駅1番出口から東へ徒歩1分

https://eiga.starcat.co.jp/
問:052-212-2437

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

10

COLUMN
Jun 03. 2016 up

WHAT ABOUT YOU? #14 / 林青那

COLUMN
最新の連載コラム記事