instagram
twitter
facebook
糸りとり 第4回 松尾ミユキ

_shi_ri_to_ri_ by なるじあき

LOGO_naru
しりとりと読みます。日頃、糸を使ったり使わなかったりするアーティストの方々に、「糸」を使った作品を制作してもらい、 作品タイトルを「しりとり」でリレーしていくという、ゆるカッコEコーナーです。

———————————

第4回目のゲスト作家は、松尾ミユキさん。 彼女との付き合いは、10年近くになる。出会った頃から変わらない、いつだって優しくて頼もしいひと。

「あ」➡『あたらしい家』

IMG_8432

幾何学な敷物コラージュのイメージが膨らんで、ねこの家になりました。

IMG_8424

kiri1

IMG_8397

松尾さんのアトリエの壁に飾ってみました。

IMG_8515

kiri2

松尾さんちでお話。

なるじ: 「あ」で始まるタイトルはどう決めたの?(以下な)

松尾: “あたらしい”から始まる言葉にしたくて。“あたらしいリズム”とか。(以下松)

な: 昨年、拠点を東京から名古屋に戻したことで、
“あたらしい”って気分なんだね。

松: それもあるかも。

な: 作品観た瞬間、ザ・松尾カラー!て思ったんだけど、
昔からこの辺の色が好きなの?

松: そう、昔から。
美術学校時代から、先生に「君はあまり人気の無い色を好んで使うね」て、言われてた。笑
それはそれで個性があって良いという意味でね。

な: 今まであまり自分の絵を飾らなかったっていうのはどうして?

松: ん~どうして。どうしてだろう。。。
自分の絵だと、もう少しこうした方が良かったかな?
とか気になってしまうからかも。

な: 他の人の絵だと気にならない?

松: 気にならないわ~。(即答 笑)

な: 今回、自分の家に飾ることを考えたって言ってたけど。

松: ここ最近は展示をやるようになったのもあって、実際に「飾る」って
ことを意識して描くようになって変わってきたかな。

な: だから松尾らしい一番落ち着く色なんだね、納得。

 

IMG_8516

IMG_8474

IMG_8477

あとがき
松尾さんたちが名古屋に居た頃、「今から行っていい?」
と突然電話しても、心良く迎えてくれました。
そして、美味しいおもてなしをサラリとしてくれるのです。
東京行ってもそれは変わらなくて、宿にさせて貰う時もごく自然に気遣ってくれる。
街を案内してくれる時にも、サッと手を出して荷物を持ってくれるような二人。

そこに裏がない。
だから、彼女の生み出す作品も、ご主人 真さんの作る※お菓子も、人を引きつけるのだと思います。
3月に行うテーマの違う2つの展示、是非ご覧下さい。
そして、部屋に飾って欲しいです。
※Karuna/カルナー 石原 真さんの、体に優しくて美味しいお菓子。現在お休み中

次回は「え」   え? えー! えぇ
田口 美早紀さんへ、バトンタッ~チ!!!

これまでの糸りとり
第1回「あ」➡『赤い輪っか』成地 亜紀(2013.11.05 UP)
第2回「か」➡『風立ちぬ』遠山 敦(2013.12.01 UP)
第3回「ぬ」➡『ヌクアロファ』TMTM/Tomoe Miyazaki(2013.12.28 UP)



松尾ミユキ
1973年名古屋生まれ。古着屋のバイトでパリに住んで古着の買い付けをする。
帰国後本格的にイラストレーションの仕事を始め、雑誌、カタログ書籍などを中心に仕事をしている。
著書に「雑貨カードのつくり方」(PIEBOOKS)「小さな美術館をめぐる旅」(リベラル社)など。

プリント

<お知らせ>
● 3/15(土)~ 3/30(日)「Beautiful Days」 岡崎の「mado cafe」にて日常生活を切り取ったイラストを展示
● 3/20(木)~ 4/7(月)「color &plants」 名古屋のカレー&カフェ「babooshka」にて色と植物で展開するイラストを展示

松尾ミユキ  http://www.matsuomiyuki.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

企画/ディレクション:成地 亜紀
題字:遠山 敦
RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー