instagram
twitter
facebook
昨年は田名網敬一、YOSHIROTTENらとともにグループ展にも出展。静岡在住の彫刻家・木村充伯の個展『見知らぬ人』が名古屋・Super Galleryにて開催中。

2021.01.19.Tue - 03.13.Sat | Super Gallery(愛知|築地口)

 

 

2月16日(火)〜3月13日(土)の期間、人と動物をテーマに作品制作を行ってきた彫刻家・木村充伯の個展『見知らぬ人』が名古屋の港まちエリアにあるスーパーギャラリーにて開催中。

木村充伯は1983年生まれ、名古屋学芸大学・大学院を卒業後、地元静岡を拠点に活動する現代作家。昨年は、渋谷の現代アートギャラリー「NANZUKA」のキュレーションによるグループ展(会場:心斎橋PARCO)にて、田名網敬一空山基山口はるみ佐伯俊男鬼海弘雄YOSHIROTTENといった錚々たる顔ぶれと共に出展している注目のアーティスト。

 

2020年に心斎橋 PARCOにて開催された、「JP POP UNDERGROUND」

 

 

今回の展示では、ウインドーギャラリーである空間を生かし、まちかどに動物園が移動してきたかのような展示が行われる。新作として、クジラの祖先がモチーフの木彫作品が展示される。

2期にわたる会期のPart2である今回は、クジラの祖先と言われている「パキケタス」をモチーフにした新作の木彫作品が登場する。

 


《Wonderful Man》2015 撮影|タン・ルイ

 

イベント情報

2021年1月19日(火)–3月13日(土)
Super Exhibition vol.04
木村充伯「見知らぬ人」
会 場:Super Gallery
[Part1]1月19日(火)–2月6日(土)[Part2]2月16日(火)–3月13日(土)
時 間:11:00–19:00
休館日:日曜・月曜・祝日
料 金:無料
企 画:渡辺英司、Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]
主 催:港まちづくり協議会

木村充伯
彫刻家。1983年静岡県生まれ、同地在住。「人と動物の関係」をテーマに、人間や哺乳類、生死をつなぐものに焦点を当てた作品を制作している。近年は動物や人の「発毛」という状態を再現するために、「毛が生えるパネル」を開発し、哺乳類や鳥類の作品を制作している。mitsunorikimura.blogspot.com

posted by T.TAKEBE

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー