instagram
twitter
facebook
TODAY editionのデザイナー・川村貴彦が、「フルクサス」をテーマとした企画展を栄・UNEVENにて開催。

2020.03.07.Sat - 03.29.Sun | UNEVEN GENERAL STORE 2F (愛知|栄)

 

1960年代に起こったフルクサス・ムーブメントをテーマとした企画展が3月7日(土)〜 3月29日(日)、栄のセレクトショップ・UNEVEN GENERAL STORE 2Fフリースペースにて開催される。

今展は、TODAY editionのデザイナーでありアーティストでもある川村貴彦のクリエーションを中心に、gallery360°の協力のもと企画されたもの。日常と芸術の垣根を取り払った前衛芸術運動・フルクサス(=1960年代、リトアニア出身のデザイナー/建築家のジョージ・マチューナスが提唱した前衛芸術運動。ヨーコ・オノ、ヨーゼフ・ボイス、ジョン・ケージなど多数のアーティストが参加したことでも知られる)をコンセプトに、ファッションとアートを横断するTODAY editionのウェア類、今回のために製作されたアート作品、貴重なフクルサス関連の印刷物やマルチプルなどが展示・販売される。

 

イベント情報

2020年3月7日(土)〜 3月29日(日)
今日のエディション展
会場:UNEVEN GENERAL STORE 2F(愛知県名古屋市中区栄四丁目14番25号 赤座ビル2階)
営業時間:12:00〜20:00

川村 貴彦 / Takahiko Kawamura
“TODAY edition” デザイナー/アーティスト。90年代後半よりnepenthes、number nineなど、アパレルにグラフィックを提供。2005年、cystemgallery(旧alleged gallery tokyo)にてアート活動を開始。2014年からはgallery360°を中心に活動中。2017年よりフルクサスの主催者ジョージマチューナス氏の妻ビリーマチューナス氏の許可を得て、フルクサスのグラフィックを使用したアパレルを展開。アートとファッションを楽しむレーベル“TODAY edition”をはじめる契機となった。Instagram @todayedition

 

posted by T.TAKEBE

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー