instagram
twitter
facebook
【NEW RELEASE】名古屋発ロンドン経由の逆輸入バンド・BOARDが2ndシングルをデジタルリリース。美と残忍性を共存させた70年代後半UKロックを体現。

2021.05.21.Fri | NEW RELEASE:BOARD 『Be Hated』

BOARDは、イギリスを拠点に活動を開始した日本人トリオによるポストパンクバンド。先日行われたガレージロックバンド・DYGLの2021年春ツアーではサポートアクトに抜擢、一躍脚光を浴びた。そんな彼らの2ndシングル、『Be Hated』が5月21日にデジタルリリースされる。

<以下、プレスリリースより>

『Be Hated』は、彼らのアイデンティティが色濃く残る作品。 無作法に叩きつけるようなドラムループと何かの始まりを予感してしまう沸々としたベース音。癖になるギターリフと相まったその曲調は、70年代後半のUKオルタナティブロックを彷彿とさせる。”Everyone hates me”と叫ぶ歌詞は、周囲からの批判ではなく、自身による自身への憎しみ。うつろな歌詞を纏ったバリトンボイスが不躾なメロディに乗せて、絶望の先にある美しさを訴える。彼らはロックの次なる方向性を指し示すべく、全ての葛藤を抱えたまま命を削る。

ジャケットは、いま注目のポストパンクバンドであるFontaines D.C.The Murder Capitalのアートワークも手掛けるフォトグラファー・Grace Leonardによる写真。「LOVE」と刻まれたリングが写り、楽曲のイメージがビジュアルとして落とし込まれている。

BOARD
『Be Hated』
発売日:2021年5月21日(デジタル)
収録曲数:1曲
1. Be Hated

 

 

BOARD
2019年:名古屋で結成。同年イギリスのロンドンに拠点を置き、本格的に活 動を開始。ロックの新たな震源地とされるサウスロンドンの windmillを中心にライブ活動を続け、現地でその名を響かせる。
2020年:初のスタジオ音源となる1st.シングル『If I Forget You / Verify』 をデジタルリリース。
2021年:DYGL SPRING TOUR 2021名古屋公演のサポートアクトを務める。

posted by S.KATO_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー