instagram
twitter
facebook
注目の写真家・小田駿一による巡回展が千種・C7C galleryにて開催。新作の展示や、トークショーも。

2021.12.04.Sat - 12.27.Mon | C7C gallery(愛知|千種)

 

広告で主に人物写真を撮影している注目の写真家・小田駿一による初の単独個展「OBLIVION」が12月4日〜27日、千種のC7C galleryにて開催する。

東京の夜の街を撮影した写真集 『Night Order』を発表し、2021 年には、世の中の「正解」を疑い、「タブー」に挑戦する POP-UP アートフェア「Gallery of Taboo」をプロデュースした小田駿一。NITESHA KYOTO で開催された作品展が名古屋でも開かれることとなった。

屋久島の美しい原風景が並べられた本展。先人たちが築いた美しい感性と文化に目を向けることで、日本人のもつ美しい精神性や嫋やかな美意識を鑑みることができる。忘却という意味を持つタイトル「OBLIVION」には、忘れ去られた記憶の果てに、自分を助けてくれる何かがあるのでは、といったメッセージが込められている。

 

 

今回の名古屋展示では、これまで飾られなかった新たな作品の追加を予定。11日(土)の作家在廊日にはトークショーも企画されている。気になる方は、ぜひ足を運んでみてほしい。

 

イベント情報

2021年12月4日(土)〜12月27日(月)
「OBLIVION」
会場:C7C gallery and shop(名古屋市千種区千種2−13−21 2F)
時間: 13:00 – 18:00
料金:無料
※4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)、25日(土)、26日(日)は作家在廊予定。
HP:http://c7c.jp

posted by S.KATO_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー