instagram
twitter
facebook
『ジム・ジャームッシュ レトロスペクティブ 2021』: インディペンデント映画界において唯一無二の存在として世界中の映画ファンを魅了し続けているジム・ジャームッシュ監督の、初期作から最新作まで豪華12作品が一挙スクリーンに集合!

2021.10.08.Fri - 11.04.Thu | センチュリーシネマ(愛知|矢場町)

 

インディペンデント・シーンを牽引し、長年にわたり世界中の映画人たちから愛されリスペクトされてきた鬼才、ジム・ジャームッシュ監督初となる大規模な特集上映が、センチュリーシネマにて開催中!

このたび上映されるのは、ジャームッシュ監督の大学卒業制作にして、これまで観たことのないオフビートなスタイルで世界中の映画ファンを虜にした長編デビュー作『パーマネント・バケーション』(80)。カンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞し、その名を一躍世界中に知らしめた『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(84)。“酔いどれ詩人”の異名を持つカリスマシンガーのトム・ウェイツ映画初主演『ダウン・バイ・ロー』(86)。工藤夕貴と永瀬正敏が出演し話題を呼んだ『ミステリー・トレイン』(89)など、日本の映画ファンが大きな影響を受けた名作が並ぶ。

さらに、ウィノナ・ライダーら豪華キャストが、5つの都市を舞台にタクシーの車内で起こる出来事を描いた『ナイト・オン・ザ・プラネット』(91)。ジョニー・デップ主演、ニール・ヤングの即興演奏に魂を揺さぶられる西部劇『デッドマン』(95)。武士道とヒップホップが融合、フォレスト・ウィテカーがサムライの殺し屋を演じた『ゴースト・ドッグ』(99)など実験的なスタイルに挑んだ90年代の人気作もラインナップ。

個性豊かな俳優やミュージシャン、コメディアンが次々に登場する短編集『コーヒー&シガレッツ』(03)。ティルダ・スウィントンとトム・ヒドルストンが“吸血鬼”に扮する異色のラブ・ストーリー『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(13)。アダム・ドライバーがバスの運転手を演じ、何気なくもかけがえのない日常を綴った『パターソン』(16)。イギー・ポップ率いる伝説のバンド「ザ・ストゥージズ」に迫るドキュメンタリー『ギミー・デンジャー』(16)。そして、映画ファンの記憶にも新しい、アダム・ドライバーやビル・マーレイら常連組からセレーナ・ゴメスらジャームッシュ組のオールキャストが集結したゾンビ映画『デッド・ドント・ダイ』(19)の12作品をお届けする。

鮮烈なデビュー作からミニシアターブームを牽引し、常に映画ファンの心を掴んできたジャームッシュ監督。あの衝撃的な感動を再びスクリーンで味わえる二度とない貴重なチャンス。ぜひ、世界中の映画ファンが愛する名作の数々を、スクリーンでお見逃しなく!

 

イベント情報

2021年10月8日(金)~11月4日(木)
『ジム・ジャームッシュ レトロスペクティブ 2021』 
公式HP:https://longride.jp/jimjarmusch
【上映作品】
『パーマネント・バケーション』(80)
『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(84)
『ダウン・バイ・ロー』(86)
『ミステリー・トレイン』(89)
『ナイト・オン・ザ・プラネット』(91)
『デッドマン』(95)
『ゴースト・ドッグ』(99)
『コーヒー&シガレッツ』(03)
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(13)
『パターソン』(16)
『ギミー・デンジャー』(16)
『デッド・ドント・ダイ』(19)
1日2作品を日替わり上映。鑑賞料金一律1,300円(招待券・割引使用不可)
上映スケジュールはこちら https://eiga.starcat.co.jp/info/detail/?id=22

監督:ジム・ジャームッシュ
配給:ロングライド

上映劇場:センチュリーシネマ 
名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ東館8F
地下鉄「矢場町」駅直通入り口
https://eiga.starcat.co.jp/
問:052-264-8580

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー