instagram
twitter
facebook
次世代の社会をつくる建築のあり方を考える。建築家・藤村龍至を迎えたトークイベントが東桜会館にて開催。

2019.09.14.Sat | 東桜会館(愛知|新栄町)

 

建築家・藤村龍至を迎え、次世代の社会をつくる建築のあり方を考える「ちのかたちで考える、これからの社会」が、914日(土)東桜会館にて開催される。企画・運営は、建築を始めとする多方面の視点から「未来の生き方や風景とは何か」を模索・創造する「未来デザインラボ」。

今回のゲストスピーカーは、建築家で東京藝術大学准教授の藤村龍至。これまでに住宅の設計のみならず、公共施設の老朽化と財政問題を背景とした住民参加型のシティマネジメントや、ニュータウンの活性化、中心市街地再開発などのデザインコーディネーターとして公共プロジェクトにも数多く携わってきた。また、情報と物理的な条件に支配された、これまでの工学主義的な建築を批判する批判的工学主義を提唱。最近では、建築を知識と形態の創造的な関係=ちのかたちとしてとらえ、藤村自身の設計プロセスそのものを客観的に観察している。今回は、「ちのかたちで考える、これからの社会」をテーマに、これまでの作品やそのプロセスを振り返りながら、次世代の社会をつくる建築のあり方、考え方に関するトークが繰り広げられる。建築に興味のある人必見のトークイベントとなりそうだ。

イベント情報

2019914日(土)
ちのかたちで考える、これからの社会
時間:13:0014:30(開場12:30
会場:東桜会館5F(名古屋市東区東桜2-6-30
トーク:藤村龍至
予約:https://miraidesign-lab.jp/event/p1282/?fbclid=IwAR0tMLqt49Yno3PSIVjBcIosPhSTISlsrAs6CBYQd-PJ11bDrWKCyoD-AQ8

posted by H.USAMI

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー