instagram
twitter
facebook
国内総合格闘技シーンの最注目イベント「RIZIN」が浜松初上陸。メインカードは朝倉未来vsダニエル・サラス。芸人・品川祐、伝説の柔術家・中井祐樹らが参戦する柔術企画も!

2020.02.22.Sat | 浜松アリーナ(静岡|浜松)

 

国内最大手の総合格闘技イベント「RIZIN.21」が、2月22日(土)浜松アリーナにて開催される。同イベントが浜松で開催されるのは今回が初。

今回の「RIZIN.21」で最も注目されているのは、豊橋市出身でいまやRISINの顔とされる総合格闘家・朝倉未来と、変則的なファイトスタイルと抜群のスタミナを持つメキシカンファイター・ダニエル・サラスによる一戦だろう。

 

 

朝倉未来は、喧嘩に明け暮れた青年期を過ごし、少年院時代も経験。出所後、友人の勧めもあり総合格闘技の道へと進んだリアルファイターでもある。前田日明プロデュースの格闘技イベント「THE OUTSIDER」で無敵の強さを見せつけ、プロ格闘家としてメジャー団体「RIZIN」へ。昨年末の大晦日に全国放送された「RIZIN20」でも大トリを務め、見事大舞台で勝利を収めた。

 

 

対戦相手の事前分析能力や持ち前の戦いの勘によるクレバーな戦い方だけでなく、壮絶な打ち合いにあえて持ち込む“魅せる”戦い方も人気の理由だろう。また、Youtuberとしても人気を集めているのも特徴的で、チャンネル登録者数は半年で60万人を突破という偉業を達成している(現在は88万人)。

 

 

今大会では、芸人としても活躍中で柔術ファンとしても知られる品川祐が参戦することでも話題の「柔術エキシビジョン イリミネーションマッチ」も開催。

この対戦は特別ルールとなっており、ヒクソン・グレイシーとも対戦歴のある伝説の柔術家・中井祐樹率いるチーム中井(=中井祐樹、エジソン篭原、重水浩次、品川祐、木村由菜の5名)と、ブラジリアン柔術世界選手権2006、2009、2010を制した猛者・ホベルト・サトシ・ソウザひとりが戦うというもの。ソウザからひとりでもダウンを取れればチーム中井の勝利という一見して企画モノではあるが、白熱の戦いを期待したい。

 

 

また、マルコス・ヨシオ・ソウザ(vsファルコ・ネト)、加藤ケンジ(vs金太郎)、竹内賢一(vs直也)、戸塚昌司vs大澤匡弘といった地元静岡の選手たちが参戦するカードも多く組まれているのも今大会の特徴と言える。オープニングファイトから、地元ファンや仲間たちも多く駆けつけ、大いに盛り上がることだろう。

 

イベント情報

2020年2月22日(土)
RIZIN.21
会場:浜松アリーナ
時間:12:00開場/14:00開始/19:00〜20:00頃(終了予定)
※ オープニングマッチは13:00開始予定
※ 試合内容、イベント進行によって終了予定時間が前後することがありますのでご了承ください
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
後援:テレビ静岡 / K-mix
詳細:https://jp.rizinff.com/_ct/17326540

posted by T.TAKEBE

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー