instagram
twitter
facebook
名古屋市内の歴史的建造物を外国人フォトグラファーの視点で捉えたフリーマガジン『#ナゴヤ レキマチフォトラベル』創刊。

文化のみち 二葉館 ©Andrew Vorland

 

名古屋市内の歴史的建造物をフォトジェニックに捉えたフリーマガジン『#ナゴヤ レキマチフォトラベル』が2020年2月1日に発刊された。発行元は名古屋市。

 

本誌の撮影を行った、Andrew Vorland(アンドリュー・ボーランド)。一眼レフのカメラを買った少年時代からカメラとともに人生を歩む。JALなどの機内誌に写真が掲載されるなど写真家としてもまたアーティストとしても活動中。©Andrew Vorland

 

若者や外国人観光客をメインターゲットとした同誌は、名古屋市在住の外国人カメラマン・アンドリュー・ボーランドが撮影を行った。歴史的建造物に興味を持つ、彼独自の視点でその魅力を伝える内容となっている。

 


鶴舞公園噴水塔 ©Andrew Vorland


名古屋市役所本庁舎 ©Andrew Vorland


有松(服部家住宅) ©Andrew Vorland


トヨタ産業技術記念館 ©Andrew Vorland

 

中には「名古屋にこんな場所があったんだ!?」と驚かされるような建造物も。本誌には、アンドリューによる撮影のポイントガイドも掲載されている。あなたもカメラ片手に彼の視点で見えた名古屋のまちなかを辿ることで、新たなまちの魅力に気付かされるかも。

『#ナゴヤ レキマチフォトラベル』は、名古屋市内の観光案内所、ホテル、中部国際空港セントレア、撮影を行った施設等に設置される。本誌を見かけたらぜひ手にとってみてほしい。

 


 

2020年2月発行
#ナゴヤ レキマチフォトラベル
Nagoya Rekimachi Photravel

問い合わせ:
名古屋市観光文化交流局歴史まちづくり推進室
TEL : 052-972-2779

posted by T.TAKEBE

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー