instagram
twitter
facebook
中崎透、野村誠ら19名のアーティストが参加。豊田市主催のアートイベント「HYBRID BUNKASAI」が新体制でリスタート。HUUKU、East Enders Coffee、七州城隅櫓(豊田市美術館)など8会場で開催。

2021.02.28.Sun - 03.20.Sat | 豊田市駅周辺、七州城 隅櫓(豊田市美術館)(愛知|豊田)

 

豊田市の市民参加型アートプロジェクト「とよた市民アートプロジェクト」による「とよたまちなか芸術祭~Re:HYBRID BUNKASAI~」が2月28日(日)〜3月20日(土)の期間、豊田市駅周辺の全8会場で開催される。

2018年より旧豊田東高校にて開催されていた公募型アートイベントの「HYBRID BUNKASAI」だが、2020年はコロナの影響により開催を断念。

この状況下だからこそできることがあると、これまで「HYBRID BUNKASAI」に関わってきたメンバーから有志で実行委員を立ち上げ、「とよたまちなか芸術祭~Re:HYBRID BUNKASAI~」として開催されることとなった。

”Re”という言葉には「動きをとめない、現在を見つめ新たに行動する」という意味が込められているのだそう。

密を回避するため、アート作品の展示を豊田市駅周辺の8会場に分散。また、オンラインでの配信プログラムを設けるなど、過去の「HYBRID BUNKASAI」の流れを受け継ぎながら時代の変化にも対応した、豊田ならではの新たな芸術祭の形をつくり上げた。

会期中、まちなか展示では、セレクトショップ・HUUKUやカフェ・East Enders Coffee豊田市美術館など豊田市駅周辺の8つの会場で、愛知にゆかりのあるアーティストの作品展を行う。

最終日の3月20日(土)は、美術評論家・天野一夫、過去にとよた市民アートプロジェクトのディレクターを務めていたNadegata Instant Party山城大督、野田智子をゲストに迎えたスペシャルトークや、弾き語り演奏、ライブペイントなどのパフォーマンスを配信する。

また、豊田市駅東口前の広場・とよしばにて、ワークショップやフード、アートグッズの販売も行われる予定。

豊田のまちなかで行われる新しい取り組みをお見逃しなく。

イベント情報

2021年2月28日(日)〜2021年3月20日(土)
「とよたまちなか芸術祭~Re:HYBRID BUNKASAI~」
まちなか展示
会場:kabo.、HUUKU、とよしば、豊田画廊、ギャラリーカフェ楽風、East Enders Coffee、緑陰ギャラリー、七州城 隅櫓(豊田市美術館)
時間:各会場の営業時間による
※豊田画廊のみ展示期間2021年3月10日(水)〜3月15日(月)

2021年3月20日(土)
配信コンテンツ
時間:10:00〜17:00
Market & Workshop
会場:とよしば(豊田市喜多町2−101)
時間:10:00〜17:00

問合せ:とよた市民アートプロジェクト推進協議会事務局(豊田市生涯活躍部文化振興課内)
TEL:0565-34-6631
WEB:https://www.toyotaartproject.jp/

 

posted by A.SUGIURA_LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー